2008年09月06日

意気込んで

 まだまだ暑いですね。でも東京は関西よりも残暑がましな気がします。

 そうなんですね。また、東京に来てるんです。ご無沙汰してます。金替です。今回は新国立劇場の三島由紀夫さんのやつです。近代能楽集の『綾の鼓』です。
 
 なんだか三島由紀夫さんが新国立劇場の人で、『彩の鼓』やるから金替くんちょっと出てよ。みたいな書き方になってたらすいません。三島さんという凄い方が書いた戯曲を、新国立劇場がやると言って、五反田団の前田司郎くんが演出にえらばれて、金替さんちょっと出てよ、と。徐々に近づいて来たのですね。近づき方がかわいらしくて好きなんですけど。ドラえもんの道具みたいで。トンネルのやつなんですけど。ちぃっちゃくなっていく。懐中電灯みたいなやつと機能かぶってるやん、みたいな。なんの道具か分からない人はすいません。
 
 というわけで、前回散策ばかりしてたブログを更新してみました。本番が9月20何日から10月13日かな?そんなかんじです。何回更新することやらです。だから、今回は「東京の残暑は京都よりましな気がする」ということで失礼します。
 
 一行か。
 
 なんか、湿気が、違う気がします。

posted by 金替康博 at 00:05 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。