2008年04月03日

唐突に書いてみました

唐突ですが、舞台の稽古で東京に来てます。08-04-0312-20.jpg

さらに唐突に、「東京散策」

桜上水駅を北に行くと、玉川上水公園がなんかずっと続いていました。どこまで続いているんだろ?右も左も桜の並木。桜上水の地名はここからきたのか?一番良い季節に来たんでしょうね。無目的に歩いている今、舞い散る桜に囲まれていると不安になります。とり残されてる気がして。きれいなだけだと侮るべからず。桜恐るべし。
力強く、さらに北に。井の頭線の永福町駅に出ました。人が列んでる、大勝軒というお店が角に。看板には「日本唯一の本格手造りお土産」とあり、なんの店?何故、お土産屋に列んでるの?傍を通ると、どうやらラーメン屋。なあんだ。看板に先ずは「ラーメン」と書けと、失礼ながら、思いながら、さらに北に行くと「東京のへそ・大宮八幡宮」なるものを発見。テンションが上がる。やい東京!東京三日目にしてお前の恥ずかしいっぽいというか、急所っぽいというか、なんか重要っぽい所を発見したぜ。これは行ってみないとだぜ。境内を歩くとやたらカラスが多い。さすがへそ。カラスに守られているとは。カラスの森を無事通り抜けるとなかなか立派なお社。さすがへそ。やや!自己払い用大麻(おおぬさ)、神主の代名詞のわらわらの付いた棒、が置いてあるぜいい。さらに、テンションアップ。これを左右左と振り自分を清めお参りすると書いてあるぜいい。指示に従い左右左と振ってみる。凄く恥ずかしい。少しテンションダウン。二排二拍手一排。二度お辞儀、二度拍手して、も一度お辞儀。作法のようだ。従ってみる。ここで疑問。…‥どこで願い事を?やはり妥当なところは二拍手の後、手を合わせた状態をキープして願う、辺りですかね、もしくは、二度お辞儀の時にお辞儀の状態をキープしてそのまま願う?その後一本締めの要領でパーンパーンと二本打ち鳴らし、最後に念圧しで、ほんとお願いしますよと締める?よし、どちらでもオーケーな様に二排の時と二拍手の時と二度お願いごとをしよう。最後にお願いしますよ、だ。あれ?いや、ここでは慎み深くお願いしないのかな?今回の公演の無事をお願いしたい所だが、悩んだ末、慎み深くお願いしないで作法を終えた。不安になったので帰り際に、でもお願いします、と心でつぶやく。悩んだ時はなにかと中途半端になりますよね。作法恐るべし。

帰り道ヤコブという喫茶店で休憩。遠くまで来ちゃったなあ。
posted by 金替康博 at 17:44 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。